慌ただしい1月

こんばんは!

あっちゃんです。

最近更新が滞ってしまって申し訳ありませんでした。

2014年がスタートしてもう20日近くがたちますが、いかがお過ごしでしょうか。

光の音符は、これまで3年間続いけてきたJICAとの協働事業である、

草の根技術協力事業を無事に終えることになりました。

つまり、今年からはJICAという大きなサポートはなくなります。

この三年間で現地のスタッフ、子どもたちとともに作り上げてきた土台を基に、

今度は自分たちだけで事業を進めていくことになります。

多少の不安はありますが、

この3年間で、

子どもたちも大きく成長しました。

先生方の意識も大きく前進しました。

そして私たち日本人スタッフも大きく成長しました。

この三年間で膨らんだポテンシャルを、

これからどこまで大きくできるのか、スタッフ全員一丸となって頑張っていきたいと思います!

っj


ということで現在は、JICA事業の総まとめである報告書作りと、スタディツアーの企画、

そして今週水曜日に予定されている、草の根技術協力事業シンポジウム「NGOとJICAの連携がもたらしたもの -草の根技術協力事業10年の成果と学び-」の準備にいそしんでいます!

「NGOとJICAの連携がもたらしたもの -草の根技術協力事業10年の成果と学び-」

草の根技術協力事業実施10団体の中から、嬉しいことに光の音符が選出され、代表が東京で発表する機会をいただきました。

光の音符からは、支援者拡大をどのように行ってきたかについて、お話しさせていただきます。

当日は、しっかり勉強させていただきます!

また、ただいま光の音符では、スタディツアーを行っております。

この春、
何かにチャレンジしたい!と考えているあなた、

ボランティア活動に興味があるあなた、

子どもが好きなあなた、

音楽が、ダンスが好きなあなた、

教育に興味があるあなた、

インドに興味のあるあなた!

はたまたカレーが好きなあなた!

どんな方でも大歓迎です!

この春、私たちと一緒に、ムンバイのスラムで子どもたちと時間を過ごしてみませんか?

貧困って何だろう?

スラムってどんなところだろう?

幸せってどういうことだろう?

不幸ってどういうことだろう?


あなたの中にあるそのイメージ、揺さぶってみませんか?

はたまたそんなことおいといて、子どもたちと全力で楽しんでみませんか?

今回のツアーでは、教室訪問だけでなく、

タージマハルへの観光や、

っf

1960年代に日本の支援のもと作られた、JALMA(Japanese Leprosy Mission for Asia/アジア救らいセンター)への訪問も行います。

1289380887_2f2365f05a.jpg


さらに、今回のツアーではなんと、

インド最大級のお祭り

ホーリー祭が体験できます!!

5549251495_611925af3f.jpg


こんな機会は滅多にありませんよ!

そんな、すてきな体験盛りだくさんの、光の教室インドスタディツアーに、

ぜひ、応募してください!!

皆様からのご応募心よりお待ちしております!

IMG_5172.jpg


***********************************************
光の教室インドスタディツアー

日程:3/15〜25
場所:ムンバイ、デリー、アグラ
費用:208,000円
募集人数:25人
旅行会社:名鉄観光
お申し込み/お問い合わせメールアドレス: hikarinokyousitsu@gmail.com
*************************************************

あっちゃんでした!
  1. 2014/01/19(日) 20:55:23|
  2. 日本での活動
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
<<スタディツアー感想文 仲間明子さん・川合菜月さん | HOME | スタディツアー感想文 清水ゆりかさん・高島碧さん>>

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.