スタディツアー感想文 仲間明子さん・川合菜月さん

奈良女子大学 仲間明子

Are you happy?
あなたにとって幸せとはなんですか?

 私がこのツアーに参加した理由は、途上国を見てみたいと思ったからです。
私が抱いていた途上国のイメージは、暗く、食糧や物が不足し、幸せとはかけ離れているというものでした。
空港を出たとき、もう夜中なのになぜかたくさんの人が空港にいる。空気がむっとしていて臭いがなんか変。
ホテルに向かうバスからみた町はゴミがたくさん。三人乗りのバイクは当たり前。
正直このときは、こんなまちに滞在して大丈夫なの?と思いました。
しかしこの数日間で実際にみたインドは、私の価値観を全く異なるものにしました。

教室のこどもたちと過ごす時間はあっという間でした。にこにこしながら抱き着いてきて、あいさつをする。
言葉が通じるのはあいさつくらい。それでも楽しく練習したり遊んだりしました。
日曜日の発表会の舞台裏はどきどきしながら自分の順番を待ったり、友達のステージを見守るこどもたちできらきらしていました。勉強とは違ってダンスや音楽は、将来や目に見えた結果には繋がらないかもしれないけれど、私の小学校での劇がそうであったように、こどもたちの中の何かが変わり、一生の思い出になると思いました。

もちろん日本の生活との差を感じることもありました。でも給食の時間や動物園でのはしゃぎかたは、素直でまっすぐ、こどもたちが愛おしくて、幸せがなにかわからなくなりました。

私は毎日のようにホテルのまわりへ買い物にいきました。トゥクトゥクに乗って映画を観にも行きました。お店の人は一生懸命商品を勧めてくる人もいれば、店内に入っても携帯をみて知らんぷりする人もいました。カメラを持っていれば写真を撮ってよ!と話しかけてくる。日本とは全く違うことの発見の連続は楽しくて仕方がありませんでした。

インドという国は多くの人口をかかえながら、まだまだ発展途上で、スラム、衛生、治安、政治など、課題はたくさんあります。でも私はわずか10日ほどの滞在で、“この国は大丈夫かもしれない“と勝手に思ってしまいました。
みんな明るくて、毎日を一生懸命生きている。笑ってる。目がきらきらしてる。目が合えばにこっとする。
わたしがこの数日間で会ったインドの人は優しい人ばかりでした。突然驚くほど困ってしまうほど優しくしてくれるインドの人たちが大好きです。インドの人の温かさに触れて、無機質なコミュニケーションで終わることの増えた日本が寂しくなりました。

『学生の今は精一杯学ぶこと。自分に何ができるかはいつかきっと見つかること。
すべてにyesと言ってやってみること。』 ゆりさんにたくさんのことを教えていただきました。

そして、他のツアーでは体験できないことをさせてくださった、スタッフの皆さん、ツアー組の皆さん、お世話になりました。素敵なひとにたくさん出会えて、一緒に笑ったり悩んだり出来て幸せでした。本当にありがとうございました。
インドでたくさん感じて学んだあとは、しっかり向き合って考えたいです。
今回の体験から夢、目標もできました。
今はとにかく大学生を頑張って、もっともっと学びます。

1231285_523577324386239_116225168_n.jpg




同志社女子大学 川合菜月

大学に進学して1ヶ月ほど経った礼拝の時間に、
わたしは西村ゆり先生に出会いました。
「スラムの子供たちにとって、幸せって何だと思いますか?」

高校の頃から、自分なりに考えていたインド、スラム。
そこに暮らしている人々と「幸せ」っていうものがわたしの中では
全然結びつかなくて、
ちゃんと自分の目で見て、知りたい と思って今回参加させていただきました。

インドでの12日間は
楽しいことや幸せなこと、怖いこと、寂しいこと
いっぱい詰まった最高の日々でした。
その中でいちばん印象に残っているのは
出会った人々の、たくさんの笑顔です。

スラムで暮らしている人々は
不幸でかわいそうだと勝手に思っていたけれど
出会う人々はみんな優しく声をかけてくれて
子供たちは元気いっぱいで
いっしょにいるわたしまで笑顔をもらえて
幸せって、お金とか安定と かじゃなくて
こうやって笑顔でいられることなんだなあということに気づかせてくれました。

街を歩くと、道で寝ている人にぶつかりかけたり
物乞いをする子供たちに追いかけられたり。
普段のわたしの生活では想像できないようなことばかりに直面して
たくさんの「?」にぶつかって、なんにもできない自分が
とても悔しくて何度も泣きそうになりました。
でも、子供たちの笑顔はそんなのを全部忘れさせてくれるほど
happyが伝わるもので、無敵だなあって感じました。笑

そして今、そのたく さんの笑顔に出会って
世界中が幸せになることは不可能じゃないかもしれないって思います。
今までは、自分の中での幸せを勝手に基準にしてたから
ものすごく差があって、難しくて、つらくて、嫌でした。

ですが、今回楽しそうに踊って歌って
スターになった子供たちを見て
ああこの子たちもhappyなんだなあと気付きました。

それぞれ幸せの価値観は違うけど
それがわかるのは笑顔だということを
この国は教えてくれました :)
そんなインドが大好きです!

この活動に参加できて、みんなに出会えて
本当に良かったです。大好きです。照
ありがとうございました(*^^*)

1238964_523564504387521_531836743_n.jpg

        


  1. 2014/01/27(月) 00:32:23|
  2. 2013年9月ツアー感想
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
<<綾部高校にて講演会を行いました。 | HOME | 慌ただしい1月>>

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.